インデックス型変額年金 第2回

2018年8月10日

本記事は、アメリカアクチュアリー会のニュースレター3月号に記載されている記事「Indexed Variable Annuities: The Next Product Frontier for the U.S. Annuity Market」の翻訳である。この記事は3回に分けての配信予定であり、その第2回である今回は、「ASSET- LIABILITY MANAGEMENT(Bond Component)」、「ASSET- LIABILITY MANAGEMENT(Derivatives Component)」、「PRODUCT ISSUANCE」の3節について配信する。

 

インデックス型変額年金(IVA): 米国年金市場の次なる商品フロンティア

Simpa Baiye, Robert Humphreys, David Knipe

 

資産負債総合管理(ALM)

・債券部分

 保険会社は、契約保証金(contract deposits)を確定利付証券に投資することで債券部分をヘッジできる。債券投資は、信用リスク、金利リスク、流動性リスクをとる保険会社に対し利息収入をもたらす。債券投資の保有期間リスク(duration risk)、流動性リスク及び信用リスクは、商品設計、脱退や償還の起こりやすさ、そして、株式指数に連動するクレジットに投資するために取引されたあらゆるデリバティブに対する担保の継続的な必要性を反映するだろう。

 

・デリバティブ部分

 利息付与は、同タイミングで売却したプットオプションからもたらされる収益と同じ額のコールオプションを購入することでヘッジできる。債券投資で予想される利回りは、コールオプションの購入にも貢献するだろう。コールオプションは、取引所または店頭(OTC)で購入できる。

商品の発行

IVAの法定な商品形態はほとんどの場合、修正型最低利率保証付個人年金(Modified Guaranteed Annuity, MGA)である。MGAは、事実上利回りが決められた期間維持された場合のみ保証される据置変額年金である。MGAは、(とりわけ)商品の特徴、IVAのために保証された複数のアカウント(guaranteed separate accounts)を作成すること、そして準備金に充当する資産の市場価値、に影響を与える規制に左右されやすい。

  IVAの商品設計の特徴は、保険契約者が契約の満期に頭金の一部または全てを失う可能性があることだ。この理由から、IVAは1933年証券法に基づいて登録が必要である。証券法の下での発行は、準備金に充当する資産が含まれるユニット化されていない(non-unitized) 、保証された複数のアカウント(guaranteed separate accounts)を確立することにより補われる。これらの複数のアカウント(separate accounts)は、関連した州法に従うものである必要がある。

 

次回は、同記事「Indexed Variable Annuities: The Next Product Frontier for the U.S. Annuity Market」の第3回を配信予定である。

 

注. 本記事の日本語著作権は株式会社ヨシダ・アンド・カンパニーに帰属しており直接のメール会員、当社の教育講座受講生以外の外部へのコピーまたは電子媒体での流出を禁じます。当法人は翻訳の正確性について一切の責任を負いません。

この記事を最後まで読まれたい方下記よりメール会員登録をお願いします。