インデックス型変額年金 第1回

2018年8月4日

本記事は、アメリカアクチュアリー会のニュースレター3月号に記 載されている記事「Indexed Variable Annuities: The Next Product Frontier for the U.S. Annuity Market」の翻訳である。この記事は3回に分けて の配信予定であり、その第1回である今回は、「WHAT ARE INDEXED VARIABLE ANNUITIES?」、「IVA DESIGN」、「PRODUCT ENGINEERING」の3節について配信する。 図に関しては元の記事を参照されたい。
 

インデックス型変額年金: 米国年金市場の次なる商品フロンティ ア
著Simpa Baiye, Robert Humphreys, David Knipe
      

 「構造型(structured)」または「緩衝型( buffer)」 年金としても知られているインデックス型変額年金(IVA)は、 保険会社と投資家の両方の関心を集めている比較的新しい商品であ る。IVAには保険会社や顧客にとって魅力的な特色がある一方、 複雑な財務報告とコンプライアンスの考慮が必要となる。 実際の発行人、 潜在的な発行人および他の利害関係者がこれらの商品の性質をより よく理解できるように、この記事では以下のことを議論する。
・商品設計
・商品工学(product engineering)
・発行
・資産負債総合管理
・規制およびGAAPの会計フレームワークに関する会計上の考慮 事項
 

インデックス型変額年金とは何か?
 インデックス型変額年金(IVAs)(「構造型( structured)」または「緩衝型(buffer)」 年金としても知られる)は、比較的新しい据置年金商品である。I VAは本質的に、 市場パフォーマンスの低下によってある程度リスクが生じる可能性 がある一方で株価指数に連動した累積的な利息をもたらす据置年金 である。IVAは、株価指数に連動した限定的な利益をもたらし、 また市場パフォーマンスの低下によるリスクを負うことがない定額 指数連動型年金(fixed indexed annuities, FIAs)や、 市場パフォーマンスの影響をもろに受ける変額年金とは異なる。図 1(15ページ)はこの特徴をIVAやそれに関連した他の種類の 年金と株式市場の収益率に対応した期間収益率(または予定利率) を示すことで説明している。
 
IVAの設計
 
商品工学(Product Engineering)
 
本記事の日本語著作権は株式会社ヨシダ・アンド・カンパニーに帰属しており直接のメール会員、当社の教育講座受講生以外の外部へのコピーまたは電子媒体での流出を禁じます。当法人は翻訳の正確性について一切の責任を負いません。

この記事を最後まで読まれたい方下記よりメール会員登録をお願いします