インデックス型変額年金 第3回

2018年8月21日

本記事は、アメリカアクチュアリー会のニュースレター3月号に記載されている記事「Indexed Variable Annuities: The Next Product Frontier for the U.S. Annuity Market」の翻訳である。この記事は3回に分けての配信予定であり、その最終回である今回は、「US STATUTORY ACCOUNTING」、「US GAAP ACCOUNTING」、「IMPLICATIONS」の3節について配信する。

 

インデックス型変額年金(IVA): 米国年金市場の次なる商品フロンティア

Simpa Baiye, Robert Humphreys, David Knipe

 

米国法定会計

 法定会計原則(SAP)の下でのIVAの責任準備金の算出は、適切な算出方法の枠組みの中で商品を分類することに関係してくる。IVAの商品設計とその付随的な特徴は、ニューヨークに拠点を置いていない保険会社のためのアクチュアリアルガイドライン43(AG43)に従った責任準備金等の算出方法の影響を受ける可能性がある。しかしながら、AG43はIVAに関する責任準備金等の明確な算出方法を指示してくれるわけではない。したがって理想的には、責任準備金要件を満たす明確な方法は、年金の最低評価基準と、実利的な資産負債総合管理(ALM)との対立的な影響を両方考慮したものになるだろう。ニューヨークに拠点を置いている保険会社によって発行されたIVAは、規制151と128に沿うように算出された責任準備金を積み立てるだろう。

米国会計基準(USGAAP)

 USGAAPの下でのIVAの責任準備金の算出は、クレジット設計(crediting design)における組み込みデリバティブの性質を考慮する必要がある。結果として、組み込みデリバティブのガイダンスであるASC815-15が適用され、またこれは親契約と商品の組み込みデリバティブの部分の識別を含む。親契約は債券で構成され、主に償却費用で評価される。一方、組み込みデリバティブは収入を通じて公正価値で評価される。別の方法は、金融商品に関するASC825に基づいた公正価値オプションを選ぶことで公正価値原則を用いる、契約全体(親契約と組み込みデリバティブ両方)の評価を含んでいる。

含意

 インデックス型変額年金(IVA)の業界売上高は、より多くの保険会社が競合商品を販売するにつれ今後も成長し続けるだろう。IVAの設計とリスク管理の手法は、消費者の要求と保険会社のリスク選好度とのバランスを取る必要がある。

 債券投資とデリバティブの取引から生じる利鞘は、保険会社の大きな利益収入源になる。したがって、保険会社にとっての最適な投資とデリバティブの利用戦略は、商品設計とリスク選好度を反映したものとなる必要があり、また詳細な分析も求められる。

 

次回は、「Bull’s-eye!: Using targeted products and market segmentation in life insurance to benefit both insurer and customer」を配信予定である。

 

注. 本記事の日本語著作権は株式会社ヨシダ・アンド・カンパニーに帰属しており直接のメール会員、当社の教育講座受講生以外の外部へのコピーまたは電子媒体での流出を禁じます。当法人は翻訳の正確性について一切の責任を負いません。

 この記事を最後まで読まれたい方下記よりメール会員登録をお願いします。